バスケ小僧 つぐ (知的障害)の事 ・ スペシャルオリンピックスの事 ・ 社会人チームの事 ・・・・・                           ・・・・・とっ !! ほとんどお母ちゃんの独り言ブログです ^^
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
人間だもん いろいろあるけど。
2013年06月13日 (木) | 編集 |
先日 お嫁さんに来てから友達になれた4人とド熟女会へ ^^

まぁぁぁぁ。
女ってのは何時間でも話していられる生き物なんだなぁと
大好きな4人に会うと思う ^^

その中の1人『本』の娘ちゃんはつぐと同じ軽度知的障害児。
高校1年生のピッチピチギャル ^^

小学校から中学までは つぐと同じ普通学校の支援学級に通ってた。

昔から『本』の口癖が
「つぐちゃんは良い先生に巡り合えて本当に良かったよね」で( ̄ー ̄;)

娘ちゃんは最後の最後まで担任の先生に恵まれずで
小学校の先生は「どうせ出来ないのになぜやらせるんですか?」と言われ。
中学校の先生なんか娘ちゃんに暴言(デブ・可愛くない)まで吐く始末。

障害児の先生の前に「人としてどうですか?」と質問したくなる。

もちろん何回も学校に出向いて先生と校長と教育相談所の人と話し合ってきた。
けど 結局はなんの解決もなく移動したりしただけ
卒業なので争いたくないって事で『本』の方から降りた形。
もう関わりたくないってのが本当の気持ちなんだと思う。

他の親御さん達も変わっている方が多く
「学校へ行っていてくれればそれで良い」って考えで託児所間隔。
中にはまだ「自分の子は障害児ではない」と思っているようで。

軽度の障害児の親御さんの中には多い考え。
「自分の子は障害児ではない 少しだけできないだけだ」・・・

これは難しい問題だとお母ちゃんは思う。

認めてしまえば気持ちが楽になるし考える方向性も変わってくるけど
認めた事で子供の将来が大きく変わってしまうんじゃないかってのも。
あとは世間体なのかな・・・

とくに手帳がもらえないほど軽度の子の親は・・・悩むと思う。

お母ちゃんはとっとと認めちゃったけど
明らかにつぐは知的障害児だもん。

娘ちゃんが高校生になって初めて特別支援学校へ行って思った事が
「支援学校の先生と支援学級の先生の違い」だそうで。

支援学校の先生は若い先生が多く熱心に動いてくれるけど
支援学級の先生は年配先生が多く定年を無事に迎えられれば良いとか
「障害」について全然知らない先生が多いそうで・・・

熱心な先生もいるし評判の良い先生も確かにいるんだけど
ことごとく担任の先生にやられてきているから
そう思ってもしょうがないよな( ̄_ ̄ i)

「今が1番充実していて○○も楽しそうに学校に行ってるの」って言ってた。

でもそれは今までの辛い日々を耐えて乗り越えてきたから思える事なんだよ。

つぐは先生に本当に恵まれてきたけど高校で「できない自分」を見つけたから気持ちが折れそうになってたと思う。

辛い事や悲しい事から逃げていたらこんな気持ちにはなれないよね。
つぐも辛かったと思うけど良い経験をさせてもらったと思うもん。
それがなかったら社会に出てから大変だったと思うし ^^

親子で良く乗り越えたよ『本』 ^^
パパさんが協力してくれるから幸せ者だし
きっと強くて優しい子になるよ○○は ^^

高校3年間はあっ !! と言う間で部活やら実習やら大変だと思うけど
楽しんでいろんな事を吸収してください ^^

『本』が最後にいつも言ってくれる言葉。
「私はつぐちゃんと○○ちゃんに会えて良かったよ。同じ悩みを本気で話せて嬉しいもん」・・・

これが44歳のおばちゃんはグっとくるのだ(T▽T)
お母ちゃんも『本』と○○に会えて良かったよ(〃∇〃)

で・・・『本』の作ったポテトサラダが食べたいのですが・・・
いつ頃 わたくしの元へ来ますかね?( ̄ー☆)

・・・・・・・・・うそです( ̄ー ̄)いやっ本当です。

P.S
先生にもいろいろいて本当に「ありがとう」って言える先生が多いと思う。
ほんの一握りのヘンテコリンな先生のおかげで
その子の一生も変わっちゃうんだよ。
人間だもん 合う合わないは絶対にあるけど
「○○先生」って子供達や親に呼ばれる以上考えてほしい・・・
親も考えてほしい・・・です。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
こんにちは〜
久しぶりに懐かしい名を見かけて
嬉しくなりました〜
本さん、お元気そうですね。
バスケに来ていた時に少し話したことがあるので、支援学級の先生との話は知ってました。今は元気に通学してるのですね〜。良かったです。
よろしくお伝え下さいね〜

かいが支援学校に通うことになったきっかけが、やはり支援級の先生の障害理解が足りないなぁと感じたからです。そして某小学校の校長が言った、「皆さんのお子さんは、他の児童の教材」という発言…
旦那と私は不信感&ブチキレ。

結局、支援学校に行ったかいは自傷行為やパニックも無くなり、コミュニケーション能力も向上したので、今では良い選択でした。

ホントに支援学校の先生って熱心だし、色々相談しやすいんですよね〜
支援学級でも良い先生はいるらしいけど、なかなかお目にかかりませんな〜(;^_^A




2013/06/15(Sat) 16:40 | URL  | かいママ #GpJA0K56[ 編集]
♪ かいくんママへ ^^ ♪
『本』は元気ですよ ^^
相変わらずとっても忙しくて動き回ってます ^^;

「教材」??ですか・・・そんな事をいう先生がいるんだ。
だったら・・・何だか人としてどうなんだろうって思う先生がたくさんいすぎます。

今日は練習ですよね ^^ うちは行けないんですけど走ってきてね ^^
2013/06/16(Sun) 08:22 | URL  | 男お母ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。