バスケ小僧 つぐ (知的障害)の事 ・ スペシャルオリンピックスの事 ・ 社会人チームの事 ・・・・・                           ・・・・・とっ !! ほとんどお母ちゃんの独り言ブログです ^^
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
「ごめんなさい」が言える事。
2013年05月14日 (火) | 編集 |
先日 三男くんの幼なじみの『陵』が久し振りに遊びに来た。
『陵』の弟は重度身体障害児の『あっちゃん』 ^^

不思議に思うんだけど昔から友達になる人なる人
なんかしら「障害」に関わっているんだよな ^^

なんでだろう・・・不思議♪♪ ^^


いつもの様に夕飯を食べながら話をしていて
小学校の頃の話で「あったあった そんな事」と盛り上がった ^^

三男くんは誰に対しても
「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えない子で

頑固で負けず嫌いな所からきているのかもしれないけど
違うな・・・ただのへそ曲がり?なんだな( ̄_ ̄ i)

素直で小さい頃からスジが通っている『陵』と毎日遊ぶようになってから
「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるようになった三男くん。

「『陵』のお蔭なんだよ ^^」って言ったら照れてたけど ^^


友達の力ってのは凄いんだなって。
親の力なんてのはかなわないかもって思った。
んー・・・育て方?( ̄ー ̄;)


学童に来てくれる子で「ごめんなさい」が言えない子がいて
注意しても「あっそ」「あっそうですか」と決して目を見ないで言う。

その子はつぐよりも軽度で障害児だと言われないとわからない。

学童に来ている重度の子を「こんな奴らと一緒にするな」って言う。
プライドが高く自分がやっている事が正しくて平気でウソをつく。

その子を見ていると接していると切ない気持ちでいっぱいになる。

何の気持ちもなくただ「ごめんなさい」って言ってもしょうがないけど
「ごめんなさい」が言えないで育ってしまうと
絶対に最後はひとりぼっちになってしまいそうで。

少し前にケンカ勃発。

初めは口げんかだったけど男の子はそれでは収まらない。
最終的に手が出て足が出て殴り合いになる。

それだけは避けたいから先輩指導員の『井くん』と止めた。

相手の子はしばらくして「ごめんね」って言えたけど
その子は言えない。

もう帰りの時間だったから長く話してはいられなくて少しだけど
お母ちゃんと話して何を言ってもダメだから余計に興奮するだけだから
切なくなってしまったお母ちゃんはぎゅぅぅぅぅぅって抱っこして
「大丈夫だ」って言ったら大泣きしてしまった。

最後の最後に玄関でお互いに「ごめんね」って言えたけど
どうして「ごめんね」なんだか伝わったかなぁ。

お母ちゃんが話した事は今まで皆に言われてきた事なんだと思う。
「大丈夫」だけで済ましてしまった自分が情けない。

「ごめんね」って素直に言えればどんなに楽だろうね。

もうじき中学生になって高校生になって社会人に。
今のままでは中学に行ってからが指導員全員の心配所。


悩みどころだ・・・な。

今日は学童おばちゃんも現場おばちゃんもお休み。
ぐぐぐぅぅぅぅんと伸びてしまった草むしりでもしよっかな ^^
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。